今は、コロナ騒ぎ真っ最中、オリンピックまで延期が決定し、新学期はいつ始まるの?それどころか非常事態宣言がでるかも…
と、落ち着かない世間なのですが、
ここでは、まだコロナのコの字もなかった昨10月の「のの会」を振り返ります。

前回に続き、@DbColumn@DbLookup を並べてお話しする第2弾でした。
「@関数Talk」としては第16回。


このシリーズは結局2月までかけて4回お話しし、通しで見ると構成がややいびつです。。この回のお話の半分はもっと後にまわしたほうがわかりやすかったと思います。
でもまあ…そもそもが "@Randomに" お話ししているものなのでお許しください。


また、@IsErrorとエラーに関するお話しを合間に挟みましたが、P.7で参考として挙げたURLが、案の定というべきか、IBMさんサイトから記事が消え、3月時点の今は現存しません。移管先のHCLさんのサイト内にも今のところは、見当たらないようです。HCLさん側で情報が充実するのを待つしかなさそうです。

<2020Apr05追記>復活していました、こちらです。
(参考)@DBLookup および @DBColumn で出力されるエラーのリスト - HCL KB0025977



@DbLookupのキーワード引数[FailSilent]について少し余談を。

[FailSilent]は@DbLookupで起きうるエラーをすべて吸収してくれるように思っていませんか?
そうではないんですよ、ということを今回説明していますが、P.24に触れたように、私自身もかつてはそのように思っていました。

実は…
思っただけではありません。思い込みに基づいた提案を行っちゃっています。

この回の2カ月前、Notes/Dominoの機能拡張に関するアイディアを投稿できるサイト「#dominoforever | Product Ideas Portal」で、私はこんなアイディアを出しております。

「(@DbLookupだけではなく)@DbColumnでも[FailSilent]を使えるようにして」 

勘違いに気づいたのは、つまりこのシリーズの準備検証中。

[FailSilent]は、@DbLookup特有のキー探索時のエラーだけをスキップするものだったのか。
ということは、キーで探索しない@DbColumnにつけても意味がないではないか。

そんなわけで、このアイディアは結果的に私の無知をさらしているのですが、今のところは誰からもそうした突込みは入らず、それどころか、なぜかいま現在「Likely to implement」(実装するかも)というステータスになっています。
もっとも、「実装するかも」ステータスに分類されているアイディアは700余りもあり、あまり「期待」はできません。
もし本当に実装されてしまう場合は、[FailSilent]の仕様自身が変わる…キー探索以外のエラーも対象になる、ということだろう、と思います。