abOut.nsf

新旧かまわず、またお役立ち度にあまりこだわらずに、 拡張子がnsfであるNoSQLなデータベースファイルと、それを扱うコラボレーション製品に絡んでのあれこれを。

2016/04


今夜(2016/04/15)のテクてくLotus技術者夜会では
3つの海外ソリューションが現地とつないで紹介される、予定です。


IBM Notes/Domino ソリューション紹介(IBM佐藤さんの案内)
https://www.ibm.com/developerworks/community/blogs/bptej/entry/IBM_Notes_Domino_Solutions_from_Oversea


通訳のサポートも付くらしいとはいえ、英語でのセッションだろうから
少しぐらい予備知識入れておきたいな..と思っていたらもう今日。
でもいいや、
と、紹介される3社のうち2社について、サイトを見てのGoogle訳で要約しただけのメモを
無謀にも出してしまいます。

ゆえに今回の作文は英語が読める方にはほぼ不要、単に阿部の読解不足が
晒されてるだけかも知れません。
そして、今日限定かも、何の予備知識もなしにセッション聞くより
少しだけゆとりを持てたら位のねらいです。


★We4IT (Aveedo)
    新しいXPagesアプリ構築
    既存Notesアプリをモダナイズ
    迅速に何のXPagesのスキルなしに行うのを支援
    強力なアプリケーションフレームワーク

    完成した独自アプリも3つほど含まれるらしい

    プログラミングの代わりに設定
    LEGOブロックのように簡単に新アプリ

    新しいXPagesをドラッグドロップで

    組み立て式テンプレートで知識がなくとも開発者になれる
    アプリ開発を加速

    あらゆる言語で各国語のモジュールを簡単にインポート
    最新なユーザービリティ

    リアルタイムでのグラフ化機能

    DominoとMSOfficeの連携

    モバイルな最先端Dominoアプリ

    既存のDominoアプリを最先端のWebアプリへ
    業務アプリを迅速にXpagesアプリへ

    旧から新へ(日本的に言えばリフォームかな)
    利用者はどこからでも使いたいよね。
    場所・環境の制約から解放だよ

    スタイリッシュな利用者アプリ
    ブラウザに適応した表示

    簡単移行
    統合された移行ウィザードでデータをモバイルへ
    高速・高信頼性
    他プラットフォームとの互換



    ・・・各国語対応と書かれていますが隣にある画像を見る限り
    日本語は未対応ではないかと思います。
    日本語ローカライズの対応予定はあるのかどうか。。

★Darwino
    あなたのデータ あなたのアプリ いつでもどこでも オンラインもオフラインも同様に

    ネイティブに、すべてのプラットフォームをサポート

    ビジネスアプリ開発の新手法
    標準機能で
    旧来のアプリがオンプレ上にあってもモバイル・ソーシャル・クラウドを実現

    DarwinoDB
    現行のリレーショナル・データベース・プラットフォーム上に実装
    NO-SQL JSONドキュメントストア

    既存のデータベーステクノロジーを変更せずに
    標準機能でアプリをソーシャル化。

    サーバー間複製、モバイルとの同期

    オフラインでも動作するのがかなり売りみたい

    Darwino Studio
    アプリづくりに必要なツールをすべて備える
    アプリ開発であなたを悩ませない

    UI Components
    自分に合った技術を選択して



    ・・・はじめにサイトに添付の動画を見たのですが、
    IBM Connections と Bluemix上で動作するお話しで
    Dominoではないのかと。
    よく見たら動画内のURLがnsfとxsp。
    標準でソーシャルであると言っていることと関係あるのかな。

Darwinoの予習はやや時間切れ気味です。

いずれのソリューションでも
「out of the box」という語が出てきて
データベースの箱の外という意味かと思ったら
既成の枠にとらわれない、画期的という慣用句のようで
自信が伺えます。


さて、残る1社、LDC Viaについて。
今夜のきっかけの一つなのかな、私が関心を持ち、1月の夜会でリクエストしたら、
村上さんが米オーランドのConnect 2016で2度も打ち合わせしてくださり、
その結果をこちらに書かれていますので、私の雑メモは不要でしょう、ご参照ください。
http://domblogjp.blogspot.com/2016/02/dominoldc-via.html


ある意味、別プラットフォームへの移行ソリューションであるのに
Notes/DominoのコミュニティやIBMイベントを通じて展開されている点が
興味深いと思っています。

Notesのフォームには「WebQuerySave」というイベントが用意されています。

@Command([ToolsRunMacro]; "(エージェント名)")


こんな式を書いて、Webブラウザから、そのフォームの文書を保存するときに、起動するエージェントを指定します。

でも、たしか、昔はありませんでした。
Notesが最初にWeb対応したのはR4.5 あたりのバージョンからだったと記憶していますが、
この時点ではフォームに「WebQuerySave」はなかったと思います。

代わりに「$$QuerySaveAgent」という予約フィールドを使うことができま…
サボってすみません、前回の作文同様です。
WebQueryOpenをWebQuerySaveに
$$QueryOpenAgentを$$QuerySaveAgentに読み替えていただければ、前回同様の続き
ですので、恐縮ながら略します。


さて、
  • 文書を開く時の、WebQueryOpenに相応する、$$QueryOpenAgentフィールド
  • 文書を保存する時の、WebQuerySaveに相応する、$$QuerySaveAgentフィールド

この2つの昔から機能を紹介したのは。。。

サブフォームの設計をDomino Designerで開いてみます。
イメージ 1

WebQueryOpen や WebQuerySaveが見当たりません。
サブフォームにはなぜかイベントとして実装されていないのです。

そこで、代わりに$$QueryOpenAgent や $$QuerySaveAgentを使うことができます。

こうすると、文書をどのフォームで開いたときも同じエージェントを行いたい、
どのフォームの文書を保存するときも同じ保存処理がいい
共通の処理を行いたいときに、いちいちフォーム別に同じコードを書かずに済みます。

つまり、「サブフォームで使えること」が、この2つの古い予約フィールドの利点です。

↑このページのトップヘ